「ロボットのいるくらしを考える」これが私たちの会社のミッションです。

近年では、ロボットはコンピュータに手足が生えたものとして、メカとしてのロボットのアプローチだけではなくIT機器としてのコミュニケーションツールとしての役割も期待されています。

ロボット開発メーカーの開発範囲は、システムインテグレーションをもっとも得意とし、基板の設計、メカ、ソフトウェア、ネットワークと多岐にわたります。弊社は、サービスロボットを中心に様々なロボットを開発してきました。とりわけ、ロボットの中では一番難しいとされる人型ロボットを得意としています。

RIC_history

株式会社アールティは、このような技術をベースにもつ日本のロボット開発メーカーとして、ロボットをより身近なものにするために様々な提案を世界に向けて発信しています。

たとえば、長いロボット開発経験から、触れないロボットは、サービスロボットではないという結論に達し、触れるロボットを目指して開発したのがRIC90です。着ぐるみを着せられる身長120cmの人型ロボットプラットフォームRIC90は、ネコ店長、Googleの開発者会議に登場するRIC android シリーズ、サムスンのGalaxy X’mas Hugのイベントで使われ延べ3000人以上の人たちとハグをしています。
これらの経験を元に、Life Motion System(英語ページのみ)の研究開発をスタートし、NEKONOTEを国際ロボット展2013で発表しました。

弊社は海外では、先端研究をしている会社として知られていますが、国内では研究開発内容よりも、むしろ販売事業部のロボットショップやイベント広告事業部のほうが有名です。

お客様にロボットをもっと楽しんでいただきたくて、スタッフはロボットショップの運営にも力を入れています。 ぜひ弊社からパーツやロボットをご購入いただき、ロボットともに生活する未来をあなたも一緒に作ってみませんか?

株式会社アールティ会社概要

社名 株式会社アールティ
代表者 代表取締役 中川友紀子
設立 2005年9月
決算月 9月
資本金 7000万円(資本準備金含む)
所在地 本社:東京都千代田区外神田3-2-13山口ビル3F
TEL 03-6666-2566, FAX 03-5809-5738
組織構成 技術開発部、販売事業部、教育事業部
子会社 株式会社アールティフォワード