NEKONOTEとは
協働型ロボットアームの研究開発専用として開発したロボットアームです。各軸はトルク値で指令が送られており、力と位置のハイブリッド制御が可能です。学習・研究用に構造がよくわかるスケルトンモデルとなっております。はさみ込みなどの危険回避は研究者ご自身でお願いします。モータ(Maxonモータ)以外は完全自社オリジナル設計のため改造も可能です。お気軽にカスタマイズ等ご相談ください。

オプション・納期等、お問い合わせください。

English

特徴

  • トルク指令型モータユニットCurrenter採用のためトルク指令で動作可能
  • JSONでの通信のため、JavaScript、C/C++で開発が可能(サンプル提供)ロボットエンジニアだけでなくWEBプログラミングができる方もロボットが動かせます
  • 力制御(フォース制御)、位置制御が可能(原則としてトルク指令のため力制御)
  • ダイレクトティーチング可能

仕様

  • 自由度:6自由度+ハンド1軸
  • 動作範囲:半径440mm
  • 可搬重量:500g程度
  • 動作速度:40RPM程度
  • 全体重量:3.3kg
  • 通信:Ethernet TCP/IP(ソケット通信またはHTTP)
  • 通信プロトコル:JSON-RPC
  • 開発サポート:JavaScript用ライブラリ(クライアントサイドおよびNode.js用)
  • エンドエフェクタ:USB接続可能
  • 電源:100V

価格1,800,000円(税抜)
※改良のため仕様は予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
オプション価格・納期等、お問い合わせください。

これまでのオプション事例:エンドエフェクタの形状変更、機体色を黒から赤へ、NEKONOTE2台使って人型上半身へ改造等

nekonoteR

設計図

全体図