人と協働するサービスロボット

アールティは、弁当工場で活躍する協働型ロボットの提供をまもなく始めます。

お手軽導入で人手不足を解決

ラインを変える必要がなく、工場へのスムーズな導入が可能です。
製造ラインが2~3の弁当工場に最適のロボットです。

人手不足に悩む工場にとって、
最高のソリューションとなること間違いありません。

ご興味がある方へ

開発はほぼ完了し、これから実運用での検証をします。
ご興味・関心がある場合、下記のフォームにご登録を頂ければ最新情報をお届けいたします。

なおFOOMA JAPAN 2019での、実演を予定しております。
お楽しみに!!

ライン変更の不要なロボット

弁当工場にロボットを導入する際の懸念事項は、
ライン設計の作り直しです。

アールティのロボットは、
これまで人が作業していた場所にロボットを配置をするだけで稼働が出来ます。

ラインの変更は原則として不要です。
ロボットを必要な箇所に配置することで、簡単に活用することが出来ます。

ともに働く人への配慮

アールティのロボットは、小柄な成人女性とほぼ同等のサイズです。
動きは適度な速度を実現しています。

これらは協働する人たちへの配慮として設計されています。
隣でロボットが動いていても、これまで通り安心して作業が出来ます。

弁当工場向けロボットについての詳細はこちら