会社概要
|
企業理念
|
開発史
|
役員紹介

 

中川 友紀子 (なかがわ ゆきこ) 代表取締役
1971年生まれ
1995年 法政大学大学院修士課程修了工学修士
1995年 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 助手
1998年 科学技術振興機構ERATO北野共生システムプロジェクト研究員
2001年 日本科学未来館展示サブリーダー
ロボットベンチャー等を経て
2005年 株式会社アールティを創業
2006年 初の自社製品発売開始 パワーポイントと連動する教育用アームロボット
2007年 アールティオフィスを秋葉原電気街に移転
著書
日経Roboticsコラム連載(2015年8月号から)
ロボットのいるくらし(単行本・共著、2007年、日刊工 業新聞社)
入門Bluetooth(単行本・共著、2000年、技術評論社)

著書
動画像処理、マルチモーダル情景理解、ニューラルネット ワーク、ファジィ知識工学、GA、自然言語処理、UNIX系 ネットワークスーパーユーザー、科学館展示、ロボットを通じた科学技術教育
2018年 ROSConJP理事
2015~2017年 日本知能情報ファジィ学会副会長
2013年~現在(公財)ニューテクノロジー振興財団理事
近年のロボット関連の主要なインタヴュー、講演等
2015年 フランスロボット展で招待講演(仏リヨン)
2015年 RoboCup世界大会での基調講演※(中国、合肥)
2015年 世界で知るべきロボット業界の女性25人に選出
https://robohub.org/25-women-in-roboticsyou-need-to-know-about-2015/
(ロボハブシリコンバレーロボティクスのWEBメディア)
2018年 チリ大統領来日時Women Leaders Meeting招待者
2018年 Wikipediaに掲載
(2014年以前の講演、論文、受賞多数のため割愛)
※世界的なロボットベンチャー企業の登竜門とも言われ、ソフトバンクに買収されたAldebaran Robotics(現ソフトバンクロボティクス)や Amazonに買収されたKiva Systems(現AmazonRobotics)もここで有名になる前に講演している
中川 範晃 (なかがわ のりあき) 取締役
1985年生まれ
大同工業大学院修士(工学)(現:大同大学)
年間15-20台程度ロボットやメカシステムを設計
※入社してから8年で受託開発等で設計したロボットは累計120台を超える。
3DCADの設計スピード、ロボットの確実な動作には定評がある。
2005年 大同工業大学ロボット研究部所属 以下より複数の競技会に参加
2007年 大同工業大学RoboCup中型リーグ「DIT-RC」所属 画像処理担当
2008年 大同工業大学RoboCup人型リーグ「DITチャシャ猫」チームリーダ
2008年 大同工業大学ロボット研究部 ROBO-ONE、第4回ロボLDK等に出場
2009年 つくばチャレンジ出場
2010年 大同大学大学院修了修士(工学)
2010年 株式会社アールティ入社
2010年 Infinity Venture SummitでV-Sidoの吉崎氏と一緒に出場して優勝。
2015年より同社取締役(現職