第四回


FOOMA2019でご覧いただけること

連載も4回目、どんな展示になるのか、楽しみにしている方もいらっしゃると思います。今回は、アールティが提案する未来の食品工場を実感していただけるよう、準備しているデモをご紹介したいと思います。

FOOMA2019の南3C-22ブースでは、2種類のFoodlyプロトタイプのロボットデモをご用意。5年後、10年後の食品工場で、どんな作業ならロボットと一緒に働くことでビジネスを盛り立てていくことができるのか、展示形式でアクティブに体験、想像できるブース構成にしています。

言葉だけで想像をしていただくのは難しいものですが、想像を掻き立ててみてください。

展示1 から揚げトッピングデモ

Foodlyは、唐揚げを番重から取りだして、一個ずつ器に盛っていくデモを入口入ってすぐのところでご覧いただけます。

特にロボット用の照明などの環境でもなく、番重も普通に使っているものを想定して作成したプロトタイプです。人と同じ環境でトッピング作業ができるというところをご覧ください。

人型協働ロボットFoodlyとの出会いから「ロボットと働く未来」を考えるきっかけにしていただきたい展示です。

この展示は、FOOMA2019期間中は常時稼働予定ですが、ロボットFoodly体験ご予約者への説明のためにも使用しますので、動作を止めていることもございます。

ベルトコンベアライン協働デモ時も止める予定です。あらかじめご了承ください。(体験ご予約はこのページ下のリンクをクリックしてください。)

 

展示2 ベルトコンベアライン協働デモ

ロボットの技術は、実際にはわかりにくいソフトウェアの世界でもあります。アールティのロボットの画像認識技術がすごいよ、ロボットのティーチングレスがすごいよと言われてもぴんと来ないかもしれません。

そこで、人間3人ロボット2台による弁当工場のベルトコンベアラインを模したトッピング作業デモを行います。

具体的には、人とロボットが交互に並んで、弁当箱出し、唐揚げ、ハンバーグ、ミニトマトなどをトッピングして弁当を作り上げていきます。実演時間は5-10分程度、1日5回程度を予定しています。

デモ実演時間については現地ブースにてご確認ください。このデモは、スペースの許す限りどなたでもご覧いただけます。(ロボット体験ご予約者はこのデモを特設スペースからご覧いただけます。)

 

このデモでは、ロボットがかしこいだけでなく、1時間に2-3回変わるメニュー変更にも対応できるような新開発の技術をこめたハンドもご紹介します。移動も楽々なコンパクトさ、ロボットが自動で食材のエリアを見分けるところもデモの見どころです。また、隣り合って作業することで、ぶつかってもロボットも人間も大丈夫なところもご覧いただけるかもしれません。

アールティの提案する、「ロボットと働く食品工場の未来」をご体感いただけるよう、人型協働ロボットFoodly、社員一同、ブースでお待ちしております。

FOOMA2019にぜひご来場を!

ロボットによる作業は、Foodlyでご覧いただけるレベルで人間の動作に近づいています。まだまだとおもうか、これならすぐに使えるようになりそうだと思うか、お客様の課題ごとに異なることでしょう。また、ご覧いただくお客様にとって、これがヒントとなり価値のあるものをひらめくなど、あるかもしれません。異なることを結びつけたり、組み合わせたり、こうしたい、をぜひアールティにお聞かせください。

皆様とさまざまな課題を乗り越えながら、お役に立てるロボットを実現していくために必要なAIやロボット技術を一緒に考えて実現していくのがアールティのソリューションです。

Foodlyを使った理想の未来を描き、そこから逆算することで、私たちが今からするべき技術開発についてブースで想像し、一緒に開発していただければと思います。

また、当日はロボットの特徴やロボット導入がわかる冊子もご用意しております。ぜひアールティのブースにお立ち寄りください。

ブースはとても狭いので、ロボットを体験できるスペースは限られています。そのため、じっくりロボットを体験したい方は、ぜひご予約をお願いします。

次週に実際のFOOMA2019でご覧いただくFoodlyの最新版を公開予定です。それまでは楽しみにとっておいていただければと思います。

FOOMA JAPAN 2019は終了致しました。
弊社ブースへの数多くのご来場、誠にありがとうございました。
お問合せをご希望の方は、下記より必要事項を入力の上お問合せください。

前回までのお話はこちら

連載第三回はここをクリック

連載の購読だけでなく、ぜひFOOMA2019にご来場いただき、Foodlyのデモをぜひご覧ください。

ブースはせまいため、ゆっくり見ていただくスペースがあまりありません。じっくり見たい、説明を聞きたいという方は、上記のフォームから日時指定でご予約いただけると確実です。

ご来場について

アールティのブースはFOOMA2019 南3C-22ブース

クイックパス登録が入場手続き不要で便利です。
http://www.foomajapan.jp/contact/registration/qp.html

FOOMA2019
会期:2019年7月9~12日
会場:東京ビッグサイト(東京都・江東区)
http://www.foomajapan.jp/

第五回公開済み