人型上半身プラットフォームロボットSciurus17発表!

頭部カメラ付き上半身ヒューマノイド型ROS対応プラットフォームロボットを新発売」

株式会社アールティ(東京都千代田区、代表取締役中川友紀子)は、平成30年6月1日に頭部カメラ付き上半身ヒューマノイド型研究用17軸ロボット「Sciurus17(シューラスセブンティーン)」をアカデミック、研究用途向けに新発売、受注を開始することをお知らせいたします。広く報道いただけますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

    

頭部カメラ付き上半身ヒューマノイド型研究用17軸ロボット「Sciurus17(シューラスセブンティーン)」は、頭部に3次元距離カメラを搭載し、位置・速度・電流(トルク)等の情報により両腕のアームを制御することができる上半身人型ロボットです。
Sciurus17は、サービスロボットの開発用プラットフォームとして、両手を使うタスクや軽作業の研究用に開発しました。両腕とも7軸の冗長性を有し、障害物をよけながらタスクをこなすコントロールが可能です。また、腰軸を有効的に活用することによりアームの作動範囲を拡張できます。
本ロボットは外装に3Dプリンタを活用することにより、低価格を実現しました。フリーウェアであるROS(※)(Kinetic Kame)に対応、その豊富なパッケージを利用することが可能となっており、ロボット研究開発にご活用いただけます。

なお、本ロボットは6月1日(金)の発売にあわせ、6月4日(月)~5日(火)に北九州市小倉の西日本総合展示場にて開催される「ロボティクス・メカトロニクス講演会2018」併催の企業展示の弊社ブースにて実物を展示発表する予定です。

※ROS(Robot Operating System)とはソフトウェア開発者のロボット・アプリケーション作成を支援するパッケージとツールを提供するオープンソースソフトウェアです。
多くの開発者が様々な研究を行っており、ROSにより提供されるパッケージとツールを使って汎用性の高いプログラムが容易に組み立てれられます。

【Sciurus17】
作業有効範囲 直径1.2m
可搬重量 約0.5kg
自由度 頭部2、右腕7、左腕7、腰1、計17
サイズ 200mm x 390mm x 480mm
価格300万円(税別、オプション別)
海外販売についても可能ですが、ご相談ください。
https://www.rt-net.jp/products/sciurus17

本件に関するお問い合わせ先
株式会社アールティ 営業部
電話番号 03-6666-2566
電子メール sales@rt-net.jp

◆本メールは、これまで当社社員と名刺交換させていただきましたプレスの皆さまにお送りさせていただいています。
送信停止・アドレス変更は本メールの返信にてご連絡下さい。

株式会社アールティ
代表取締役 中川友紀子