謹賀新年

あけましておめでとうございます。
昨年は、会社設立10周年ということもあり、いろいろな取り組みをさせていただきました。
まず、株式会社アールティフォワードを立ち上げてショップ部門を子会社化し、本体は次の10年のためにメーカーとして開発に取り組むことになりまして国際ロボット展では研究向けのロボットアームNEKONOTEとIoTと絡めた展示をさせていただくことができました。
社長としては、世界で知るべきロボット業界の女性25人に選んでいただいたり、ロボットパイオニアフォーラムも始めさせていただき、日経Roboticsにもコラムの連載をさせていただくなど、国内外で多くの方々と交流を持つことができました。
これらもお取引先様はじめ、皆様のご支援あっての賜物と深く感謝しております。
今年は日本では2020年に向けてロボット、ドローン、人工知能はニュース等々でよく見る年になるでしょう。
しかしながら、全自動制御でのロボットには限界が見えてきて、一部の開発者には人間中心主義が復活してくる兆しが見え始める年となるでしょう。
一般の方にはコミュニケーションロボットがますますクローズアップしてくる年かと思います。
Pepperをはじめとするコミュニケーションロボットの業界の動向がはっきりしてくるのなとおもう国際ロボット展でした。
いずれにしても、人型ロボットブーム再燃を思わせる世界中の動きに弊社はわくわくです。
今年も国際的なロボットブームはまだまだ続きます。
波に乗っていきましょう!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
株式会社アールティ
代表取締役 中川友紀子